スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーチを始めるパターン

2009年06月28日 06:33

スピーチを始めるときのパターンとしては2つの流れがある。ひとつは定番通りといってもいいのだろうが、「司会の○○さん、暖かいご紹介有難うございます。聴衆の皆さんこんにちは。云々・・・」と、いわゆる挨拶から入る方法。これはトーストマスターズのスピーチマニュアル(アイスブレーカー)にも載っていて、初心者向きなのだろう。しかしこの手法は往々にして肝心のスピーチに入る前に時間を使いすぎてしまう恐れがある。特に司会者がちょっとひねった紹介をしたりした場合には、それに反応して一言返したりしたくなるものだが、ここは我慢のしどころ。アドリブでの対応がいい結果を出すことなどほとんどない。と思っていたほうが無難だ。挨拶はさっと切り上げて本題に入っていくのがいい。
もう一つの方法は、余計な挨拶を一切しない方法。いきなり「皆さんは自分の周りの壁をご存知ですか?」とか、「風になれ!」など、聴衆の興味を引くフレーズで一気に自分の世界に持っていくのだ。限られたスピーチ時間でいいたいことはたくさんある。たとえ30秒、1分といえども捨てるわけにはいかないのだ。私は断然こちらのほうを推薦する。世界大会のファイナリストのDVDなどを見ても、ほとんどのスピーカーがこの方法をとっている。しかし面白いのは、聴衆の興味を引き付けたところで。「Contest Chair」と司会者に向かって一言かけること。司会者はこの一言を受けて椅子を用いるという慣習らしい。
いずれにせよスピーチの目的は聴衆に対して自分の考え、メッセージを効果的に伝えることだから、第一印象がとても重要だ。皆さんもぜひ印象的なフレーズで自分のスピーチを始めてみてはどうだろう。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。