スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際役員の選挙

2010年09月22日 00:09

スピーチコンテストと並ぶ国際大会のメインイベントの一つが次期国際役員の選挙である。 
結果自体はすでに本部のWeb siteに出ているけれど、国際会長にパット・ジョンソンさん。
来年の国際会長にミッシェル・ナタロー氏、第一副会長(First Vice President)に
ジョン・ラウ氏(マレーシア)がそれぞれ無投票で選出されました。以上の三氏はいずれも
現職からの繰り上がりです。※役職名呼称が今期とかわっています。
熾烈を究めたのは第2副会長(Second Vice President) 選挙です。これは事実上三年後の
の国際会長を選出する選挙となるので、大変に注目を集めました。指名委員会の公認候補
は二名でしたが、台湾から ジョージ・イェンさんとイングランドからジョン・リッチさん
がフロアから立候補して4人での選挙となりました。最下位候補をふるい落として、過半数
を獲得する候補者が出るまで選挙を繰り替えすこと都合三回、最後の最後にイェンさんが
DSC00417.jpg
大逆転。みごと第2副会長に選出されました。
この結果再来年はラウさん、その次がイェンさんと連続してアジアから国際会長が出る事に
なります。同じアジア人として楽しみですね。
開票は手作業で17000票を集計するので相当時間がかかりましたが、その間、ヤングマン
や現会長ゲーリーさんの好きなスターウォーズの音楽が流されて、その音楽に合わせて踊り
ながら投票を回収するお姉ちゃんがいたり、聴衆も一緒に踊るは、ゲーリー会長も汗だくで
ステップを踏んだりと、選挙をも楽しんでいるのが不思議で、新鮮です。

尚、国際理事選挙に際しましてもほぼ各リージョンから複数候補が指名され選挙になりました。
今期は偶数リージョンのみとの事で、日本を含むリージョン13は選挙なしでしたが、隣のリージョン
14(シンガポール・マカオなど)についてはシンガポールのバンさん(Gea Ban Peng)が当選しました。
DSC00430.jpg

日本のこれまでのDistrict役員選挙のあり方とあまりにも異なる選挙体験でしたが、信頼にたる
候補者の厚みがあるからこそできることでもあり、また、選挙のプロセスを楽しむという考え方も
あるのだろうといささか羨ましく感じた次第です。でも、日本でもやろうと思えばそろそろちゃんと
できるはずです。次回の日本の選挙が楽しみです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。