スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発のとき

2008年12月28日 12:39

2008年5月31日神奈川トーストマスターズクラブのチャーターセレモニーのときの会長挨拶スピーチを再録しました。話の中にも出てきますがHigh Performance Program というマニュアルの最終課題としてのスピーチです。実際にはお酒も入っていてアドリブがかなり入りましたし、飛ばしてしまったところもありました。近江

出発の時  2008年5月31日

船がでるぞおおおおー。  
駆け込みでギリギリ今日の船出・・セレモニーに間に合った内堀さん、今日のアイスブレーカースピーチお疲れ様でした。チャーターメンバーにはなれなかったけど、その分沢山ビール飲んでくださいね。
司会の小柳さんご紹介ありがとうございます。僕はねえ、もう胸がいっぱいで何も飲めません。あ、ビールのお代わりお願いします。
鈴木Distガバナーと中尾さんには遥遥関西から私たちのためにおいでいただきました。改めて感謝申し上げます。新幹線の切符代は会計の小原さんにつけといてください。そして昨年10月13日第1回例会を開催してから今日まで17回の例会にご参加いただいた全ての皆さん、とりわけスポンサークラブとして支援いただいた溝の口トーストマスターズクラブの皆さんに心から感謝の言葉を捧げたいと思います。有難うございました。また、第2回例会で重田知奈美さん、佐伯好也さん、佐野浩司さん小原弘貴さんの入会式を行ってから第14回例会まで13回連続して入会式を行うという快挙を演じてくれた神奈川トーストマスターズクラブの皆んなに最高のエールを捧げましょう。チャーター改めておめでとう。そして有難う。

今日は神奈川クラブの立上げを通して学んだことをいくつかお話しようとおもいます。
まずはリーダーシップについて改めて考えることができました。今回私はこのパーパフォーマンスリーダーシップという教育プログラムを神奈川クラブの立上げと並行して進めてきました。この本によるとリーダーシップには2つある。といっても、温湿布と冷湿布ではありません。単純に上から指揮命令するような従来型のものと、構成メンバーのほうに焦点をあて、メンバーを支援することで彼らのパフォーマンスを最大限に引き出す「サービスリーダーシップ」といわれるものですが、ビジョンだとか難しいことも沢山あるのですが今日は一つだけ皆さんに秘訣をご紹介しますね、会員やゲストさんが楽しく例会に参加してもらえるように、暖かい言葉と笑顔を絶やさないこと。会長として私がやったのは極端に言うとこれだけだったかもしれません。ほかの細かいことは全部藤山さんがやってくれましたから。
次期会長の恩地さんにも是非この「温かい言葉と笑顔」を引き継いでいただきたいものです。
 そして二つ目は無理しないこと。クラブ作りに適した場所や時間、適しない場所や時間というものがあると思います。また、1人で苦労するのも嫌なので無理せず仲間と役割を分担するようにしました。
場所と時間で言えば人の集まる横浜駅周辺で、土曜の夜という設定。ここ以上に集まる可能性があるのは日本広しといえどもまあ、今度作る飯田橋くらいのものでしょう。核となる役員さんは始めは3人でしたが、ピュアメンバーから金山さん小柳さん重田さんを入会2、3ヶ月で役員になっていただくことになりまして随分楽になりました。この手法は藤山さんが溝の口で編み出された、いいですか、溝の口で藤山さんがあみ 出された手法ですが、立上げメンバーの負担軽減、役員になる人たちのスキルアップ、ゲスト対応のフォロー体制の充実など一石二鳥か三鳥のやり方だとおもいます。
  
そして3つ目はちょっと無理すること。
第1回例会でのスピーチでチャーター目標を3月中とし、春のスピーチコンテストに代表を送ることを目標に掲げました。1月2月でちょっと新会員の入会が伸び悩んだことがありました。なんせ小口さんとかオンビさんしか入ってこないんだもん。やむなく急遽3月第5週に例会を入れることで回数をふやすこととし、17人目の入会のために1回の例会の最初と最後に2回入会式を入れたこともありましたね。おかげで3月31日にチャーター達成。4月12日の例会でインハウスコンテスト、翌13日のDivコンテストに石渡茜さんを送り込むという荒業ができました。勢いをつけるためには時と場合で多少の無茶も必要だということを痛感させられました。

今回私は神奈川トーストマスターズクラブを一隻の船に例え、チャーターまでの会員獲得を共に航海する仲間作りと捉えてきました。船長だけでなく、一等航海士や2等航海士、帆を上げ下ろしする水夫や、機関士など様々な乗組員が自分の仕事をしないと航海はできません。会員それぞれが自分の持ち場持ち場でイキイキと自分のPJスピーチをしながらコミュニケーションとリーダーシップスキルの開発に取り組んでいける素晴らしい船の出航準備がようやく出来上がりました。さあ、これからいよいよこの船の航海が始まります。そしてその航海の指揮を恩地新会長に託して私はブリッジから見守りたいと思い。ます。あ、風が出てきました。潮風を受けて真っ白い帆が大きく膨らんでいる様子が目に浮かんできます。よーそろーもやい綱を外せー。いざ出航!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ohmikiichiro.blog121.fc2.com/tb.php/15-8c12b648
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。