スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会に参加

2009年03月01日 23:11

谷川真理、神奈川、そして青梅マラソン
毎年年明けは谷川真理ハーフマラソンからスタートするのが最近の恒例。今年も正月明け早々の1月9日に荒川河川敷での大会に参加した。例年強風に悩まされるこの大会だが、今年はアドバルーンもほぼ垂直に立ち絶好のコンディション。この大会はハーフマラソンとしては日本で最大規模。あまり参加者が増えたためここ数年は男女でコースをわけていたのだが、男性ランナーからの苦情(内容は推して知るべし)で今年は申し込み順で分割したとのこと。往復コースなので飛ぶように走ってくる谷川真理さんとの久しぶりのすれ違いを期待して胸が踊る男性ランナーも多いことだろう。正月以来膝痛で思うような練習ができなかったことと風邪気味のためペースを落として完走目標。タイム的には平凡な1h47分24秒という結果だったが、さほどの痛みもなく足に自信を持てる大会となった。
 2月1日、神奈川マラソンに出場。この大会にはいつも箱根駅伝に出場する大学からも大勢参加するのでかなりハイレベル。コースが平坦で走りやすいこともあって今年も多くのランナーが集まった。今年はいつになく早めに会場入りしたため着替え、ウオーミングアップそして栄養補給も万全にして余裕を持って号砲を待つことができた。ほぼキロ当たり5分のペースを維持し、ゴールタイムは1h43分と久しぶりに1h45分をきる好タイムとなった。いいタイムだと疲れも半減するのは面白いな。
2月15日、季節はずれの陽気のなか、青梅マラソン30キロに参加。瀬古俊彦さん、Qちゃん、石原都知事などスターターに著名人を招くことで有名なこの大会の今日のスターターは北京の銅メダリスト朝原宣治さん。16000人の参加者が全員スタートするまでおそらく20分以上かかるだろうが、ずっと手を振り続けて参加者に元気を与えてくれた。この大会は今年で42回という伝統と青梅市民の応援が売り。今年も沿道に大勢の応援、そして私設エイドが出て、太鼓演奏や給水、チョコやレモン、みかん、梅干しなどを差し入れてくれていた。声援に後押しされるように今年は快調なペースを維持し、過去最高の2h39分05秒でゴールすることができた。昨年のつくばマラソン以来、参加した大会はいずれも納得の行く走りができている。岩本コーチ流の今期のトレーニング方法に改めて自信を持つことができた。
東京マラソンまでの参加レースはこれで打ち止め。さあ、あと34日。本番が近づいてきた。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ohmikiichiro.blog121.fc2.com/tb.php/21-65f9be93
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。