スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港のコンベンション報告

2009年05月18日 23:54

2009年5月15日から17日まで私を含めて総勢7人の日本人が、香港で行われたコンベンションに参加してきました。このコンベンションはシンガポール、香港、タイ、マカオという4地域の大会です。初めての参加で戸惑うことばかりでしたが、何よりもそのスケールの大きさやパーティの熱血的なこと、周到な準備には驚かされました。
3日間朝から夜遅くまでの密度の濃いプログラムは日本のそれがまだまだであることを強く印象づけられました。聞けば香港の沢山のクラブと50人近くのメンバーが1年半前から準備してきたとのこと。さもあらんと思わせるに相応しい充実した大会でした。
メインイベントであるコンテストについては、国際スピーチコンテストとテーブルトピックスコンテストを各々英語と中国語で計4つ開催です。それだけでも日本から考えれば圧倒的なのですが、そのメインがかすむほど沢山の充実したプログラムがありました。
世界チャンピオンによる講演が午前午後で2本、そのほかトーストマスターズでありコンサルティングなどで話す職業をしている方たちによる選択制のワークショップが8本、夜毎のパーティの演出の見事なこと、ネームタグやプログラムもしっかりとしたもので感銘を受けました。会員の数や複数の国にまたがるというように背景が違うとはいえ、同じトーストマスターズのコンベンションです。これからの日本の大会がどんどん充実していく余地があるということを改めて感じました。
決して英語が得てではない近江ですが、香港やシンガポールの方たちと1対9ぐらいで話しながら、っコミュニケートする大切さと楽しさを再解任できたことも大きな収穫でした。またどこかのコンベンションに参加したいと思う充実した3日間でした。

ディナーパーティにて
こちらは香港の役員さんと

DSC00068_convert_20090518234842.jpg
シンガポールの会員との記念写真
スポンサーサイト



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。